*

青の花茶とは

青の花茶は、大ヒット商品のすっきりフルーツ青汁などを販売している株式会社メディアハーツから発売されたダイエットティーです。

主な特徴は、青い色をした紅茶として最近人気が上がってきているタイのハーブティーに使用されているバタフライピーをブレンドしており、その他にも甜茶、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマのハーブが使用されています。

 

バタフライピーがブレンドされているため青の花茶という名の通り青い色をしていて、レモンなどを入れると色が紫に変わるなど、色彩も楽しみながら飲めるダイエットティーになっています。

 

また、主成分がハーブのため、リラックス効果とストレス解消の効果もあります。

 

ストレスが溜まってしまうことで食欲に走ってしまい、太ってしまう人も中にはいると思うので、そういう人には一回で二つオトクな飲み物になっています。

 

ダイエットティーというだけあってゼロカロリー、ゼロシュガーのため、いくら飲んでも大丈夫ですし、カフェインも含まれていないので安心して飲み続けられる商品です。

 

青の花茶は定価が5,980円なんですが、定期コースだと初回980円で購入することができます。

 

2回目以降も4,580円と13%オフで購入ができますし、実際に飲んでみて味が好みでなかったり、あまり効果を感じなかったりした場合は購入から30日以内であれば、返金保証もついているので安心して購入できます。

↓↓↓青の花茶の公式サイトはこちら↓↓↓

https://lp.aonohanacha.jp

 

バタフライピーって?

 

 

タイではアンチャンと呼ばれる公園などにも咲いているポピュラーなハーブの一種で、英語では別名バタフライピーと呼ばれています。

 

アンチャン(バタフライピー)はタイのカフェなどでは日常的に飲まれている紅茶で、いつまでもキレイでいられる若返りの効果があると言われており、30代から40代の女性に好んで飲まれている飲み物です。

 

バタフライピーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれており、アントシアニンは高い抗酸化作用があるので眼精疲労や美容やアンチエイジングに効果があると言われています。

 

最近では、バタフライピーが飲めるお店として台湾カフェの「zen」が日本初上陸したことも話題になっており、これから流行るニオイがプンプンしますね。

 

青の花茶はダイエットに効果がある?

 

青の花茶はハーブティーなのに、なぜダイエットティーとしての効果もあるのか調べてみました。

 

青色が食欲を減退させる

青い花びらのバタフライピーをブレンドしているので、商品名のとおり青いお茶になってます。

 

青いお茶を初めて見た人が「え?」って感じるように、食べ物や飲み物の色で青はあまり見かけませんよね。

 

それは青色の効果として食欲減退の効果があるからなんです。

 

これは医学的にも研究されて証明されているので、飲食店などの看板や店内の装飾で青を基調としたお店がほとんどないのもこれが理由です。

 

この、食欲減退効果のある青色のお茶というのが、ダイエットにも効果がある理由のひとつです。

 

ハーブでストレスを解消する

ダイエットとストレスに関係性が内容に思いますが、実は関係あるんです。

 

「ストレス太り」という言葉もあるように、ストレスを溜めることで太ってしまう原因にもなるため、ダイエットがしにくくい身体になっってします。

 

ストレスを溜めることでストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌され、このコルチゾールが分泌するインスリンが脂肪を溜める作用があるためです。

 

また、ストレスを溜めると血行も悪くなり、血行が悪くなると基礎代謝の低下につながるので痩せにくい身体になってしまいます。

 

こういった、ダイエットの敵となるストレスをブレンドしたハーブで解消することで、ダイエットに効果がある理由です。

 

↓↓↓青の花茶の公式サイトはこちら↓↓↓

https://lp.aonohanacha.jp

 

 

実際に青の花茶を飲んでみました

 

新発売したばかりでリアルな口コミやレビューが少なかったので、公式サイトから購入して青の花茶を飲んでみました。

 

届いた箱がこちら。

 

 

青い花茶というだけあって、箱もキレイなブルーです。

この箱を見る限りは、食欲減退する気が一切しません。笑

 

箱を空けて見ると、商品と同梱物の紙が一枚入ってます。

海のキレイな観光地をイメージさせるおしゃれなパッケージです。

 

 

早速開封して青の花茶を作ってみました。

 

ポットにお湯を入れてから時間によって濃さが変わると書いてあったので、1分置いたものと3分置いたものと2パターン作ってみました。

 

まずは1分置いたものから

 

 

すごくキレイな海の色みたいで、あまり食欲がなくなるような色にはなりませんでした。笑

「トロピカルブルー」って感じですね!

 

次に、3分置いたものはこちら

 

 

1分のものに比べて、結構濃くなりました。

「コバルトブルー」って感じで合ってますでしょうか。笑

 

2つを一緒に並べた写真がこちらです。

 

 

こうやって並べてみると、結構色が違いますね!

 

実際に飲んでみたのですが、全然ハーブティー特有の癖がなくて、ほんのりと自然な甘みもあって美味しかったです!

 

ただ、色の濃さに比例して味も濃くなるので、1分置いた青の花茶だと味が薄く感じました。

個人的には3分置いてから入れた青の花茶が一番飲みやすくてオススメです!

 

色の変化も試してみました

 

レモンなどを入れると、青が紫に変化するらしいので、興味本位でレモン汁を入れてみました。笑

 

 

レモン汁を入れると、少しずつ色が変わっていて、かき混ぜるとキレイな紫色に大変身!

 

見ていてすごく楽しかったですが、実際にレモンを入れた青の花茶はレモンの味が強すぎて、何も入れないで飲んだほうが美味しく感じました。

色の変化を感じたくてレモン汁を入れすぎただけかもしれませんが。笑

 

青い花茶の美味しい飲み方は?

青の花茶は、ホットでもアイスでもお好きな方で美味しく飲むことができます。

 

飲むタイミングについては、特に指定があるわけではないので食事の後や仕事の合間の休憩、寝起きの一杯など好きなときにいつでも飲むことができます。

 

美味しい作り方

作る量によって蒸らす時間が変わってくるので、ケースごとの作り方をご紹介します。

たっぷりと入れて楽しみたい場合

 

①ティーポットに青の花茶を1パック入れます

②お湯をたっぷりと注ぎます。

③蓋をして、2分〜5分程度蒸らします。

 

量が多いときは、蒸らす時間が短いと薄くなってしまうため、蒸らす時間を多めにして作るのをオススメしています。

マグカップで楽しみたい場合

 

①マグカップに青の花茶のティーパックを1つ入れます

②カップに沸騰したお湯を注ぎます。

③蓋をしてから1分〜3分待ちます。

マグカップの場合は1回で作る量が少ないので、蒸す時間が短くてもちょうどよい濃さの青の花茶を作ることができます。

 

ボトルに入れて持ち歩ける?

お茶やコーヒーなどをボトルに入れて持ち歩いていると、段々と渋みが増して美味しく飲めないことがありますよね。

 

青の花茶は、ボトルに入れて持ち歩いても味が変わらないようにタンニンを控えめにする製法で作ることで、渋みが出にくくなっているので、自分の好きなボトルでオフィスや学校に持っていくことができます。

 

アレンジした飲み方を紹介

 

自分ではまだ試せていないのですが、色々とアレンジするのがオススメだと公式サイトに記載がありました!

 

フレッシュオレンジティー

 

ジンジャーティー

 

 

ソイミルクティー

 

写真だけみるともはやカフェレベルの写真ですが(笑)、色々とアレンジして飲むのも楽しそうだなと思いました!

友達などの来客時に出してあげると喜ばれそうなアレンジの例ですね!

 

 

青の花茶を最安値で購入する方法

私は公式サイトで購入したんですが、これから買う人は一番安いところから買いたいと思ったので、どこから購入するのが一番安いのか調べてみました。

株式会社メディアハーツは通販会社で、めっちゃフルーツ青汁なども市販での取り扱いがないので通販サイトを中心に調べてみました。

楽天市場で調べてみると

 

日本の大手ECサイトの楽天市場。気になったものがいくらか調べたいときに楽天市場を使って調べる人も多いんじゃないでしょうか。

 

そんな楽天市場で「青の花茶」と入力して検索してみたところ、

 

  

4/22(土)の時点では、楽天市場では青の花茶を販売していませんでした。

 

 

amazonで調べてみると

 

世界最大手のサイトであるamazon。翌日配送など便利なサービスも多く、1度は使ったことのある人も多いのではないでしょうか。

 

そんなamazonで「青の花茶」と入力して調べてみると

 

 

4月22日(土)の時点では、販売していませんでした。

 

アットコスメ(@コスメ)で調べてみると

日本最大の美容、コスメの総合サイトでもある@コスメでも調べてみました。

@コスメは商品のレビューも豊富で、参考になる口コミばかりなので色々と調べるときに私が愛用しているサイトです。

「青の花茶」と入力して検索してみると

 

 

アットコスメでは青の花茶は販売しておりませんでした。

 

販売しているのは公式サイトのみ

 

青の花茶は通販のみで販売していて、楽天市場やamazonでも販売がなかったので公式サイトのみで販売しているようでした。楽天市場やamazonで出店する場合、手数料が取られてしまうためその分お客さんに安く提供できないことを考えて公式サイトのみで販売しているのかもしれませんね。

 

公式サイトで先着300名限定のキャンペーン実施中

 

 

公式サイトでは、先着300名限定で初回980円で購入できるオトクなキャンペーンを実施しています。

 

定価だと5,980円なんですが、今回のキャンペーンで定期コースで購入すると初回980円で購入することができます!

 

2回目以降も13%オフの4,580円で購入することが出来ますし、実際に購入してみて味が好みではなかったりした場合も、購入してから30日間は返金保証もついているので、安心して購入できます。

 

 

さらに、クレジットカードを持っていない人も後払いで購入することができるのも嬉しいですね!

 

キャンペーンを実施している間にオトクに青の花茶を公式サイトから購入してください!

 

↓↓↓青の花茶の公式サイトはこちら↓↓↓

https://lp.aonohanacha.jp

 

Copyright© 青の花茶の口コミとレビューを実際に飲んだ私が公開 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.